不動産の相続税を支払った時の体験談

不動産の相続税は節税できる

親の死後、相続税を支払う不動産の相続税は節税できる不動産の相続はプロに任せるのがオススメ

脱税にならないようにかなり細かく調べて、総額を合わせたあとで納税額の計算をこちら側で行ったという感じです。
税務署は相談には乗ってくれますが、計算が個人で行わなければいけませんので、この点にも時間と手間がかかりました。
預貯金は金額がすぐにわかりますが、土地や建物に関してはすぐに査定額が分からなかったからです。
『きっちりと分割しました』我が家は兄弟で資産を分割する形になったので、親が残してくれた家屋に関しても評価額の半分を兄弟で分ける必要があって、評価額の選定が結構大変でしたし手間もかかりました。
不動産は家屋だけでなく土地も含まれますので、両方とも計算してその年度の査定額の半分を弟に支払ったという感じです。
親が残してくれた家なので、一緒に暮らしていく分には別に資産の分割を行う必要はないのですが、親から私に名義変更をする必要があったためこのような事態になりました。
今振り返ってみても非常に面倒臭かったです。
『納税が終われば何も言われませんでした』ただでさえ親が亡くなってしまい生活環境が変わり、仕事や各種の手続きで毎日てんてこ舞いでしたので、とても節税のことにまで頭が回りませんでした。

オフィスの在り方を考えるのは不動産屋に限らんと改めて思い知る。

専有部はテナントさんに内装任せるケースが圧倒的に多いから、貸室内の具体的な運用を検討するのは機器メーカーの方が得意だったり‥。
https://t.co/bpd0lwiZ7L

— 岸本啓佑@不動産デベロッパー/蔵リノベ人 (@keisuke551204) January 21, 2021